シェアオフィスは空調設備も重要

シェアオフィスを内覧する際は、雰囲気などに注意が向きがちですが、意外と重要なのが「空調設備」です。
シェアオフィスの営業時間が8時~23時だったとしても、必ずしも23時まで空調が付いているわけではなく、22時になると切れてしまうということも少なくありません。
設備の管理者が22時に退社するために切っていたり、設備自体がビルで一まとめに管理されているなどといった理由によります。
夏場や冬場にこういったことが起きると作業効率にも影響してくるので、空調の時間帯はあらかじめチェックしておくべきです。
また、「自動か手動か」という点も重要です。
手動の場合、操作する個人の感覚に委ねられるので、「寒すぎる」「暑すぎる」ということも起こりえます。
そして、土日祝日の扱いについてもチェックが必要です。
特に、空調を一まとめにして管理しているビルの場合、土日祝日は空調が使えなかったり、別料金が必要になるということも多くなっています。